フィンテックとは進化した金融技術

フィンテックとは、金融を意味するファイナンスと技術を意味するテクノロジーを組み合わせた造語で、ITを使った新たな金融サービスを意味しています。
フィンテックで便利になる金融サービスの例として、スマホやタブレットがカード決済をできるPOSレジになるサービスがあります。従来は、買い物や外食をした際に店側にクレジットカードの決済端末がなければカード決済は行えませんでしたが、携帯などにクレジットカード情報を読み取る小型の端末を差し込み、専用アプリをダウンロードするだけでスマホやタブレットがカード端末になるのです。
また、スマホで自動的に家計簿をつけることが可能になります。レシートをスマホで撮影するだけで項目や店舗が家計簿に反映されます。銀行やカードと連携させることで家計をオンライン化して管理できるのです。このクラウド家計簿の利用で、銀行口座残高、月収、食事や交際費などの支出が一目で分かるようになります。会社の経費についても自動的に記帳されていくので経理コストを大幅に削減することが可能です。
また、人工知能にまかせて自動で資産運用をするロボアドバイザーもフィンテックの代表例です。スマホで質問に答えていくと、自分に合った株式、債券、不動産などに人工知能が分散投資してくれるのです。
フィンテックの利用で資金調達もインターネット上で行うことができるようになります。融資を受けるには、銀行などの金融機関に申し込み、審査を経て書類による手続きが必要ですが、フィンテックでは、インターネット上で自分が展開する事業をアピールし、賛同する人たちから資金を直接調達できるソーシャルレンディングによる融資が可能になりました。ソーシャルレンディングは、投資する側にも金利の高い案件が多いのが魅力です。
ブロックチェーンというテクノロジーにより中央機関が存在しない仮想の通貨で送金や決済が可能になります。国家が管理する通貨は国の財政状況による価値の変動がありますが、仮想通貨は暴落したりする心配がありません。
このようにフィンテックは、お金を管理したり、集めたり、増やしたり、交換したりすることがより身近で便利になっていきます。
http://academypoet.net/

消費者金融の利用に適した金利

消費者金融を利用する上で、多くの方にとってネックになるのは、金利についてです。どこの金融機関であっても、金利がなければビジネスとして成立しないですし、営業そのものもやっていけません。また、金利がかかるからこそ、返済期限までにきちんと返済しようという意識になるものです。しかし、とは言えども、金利があまりにも高いですと、返済の際の負担が大きくなってしまいますし、それでは利用そのものがしづらくなることは目に見えています。そのように考えると、金利の面に関しても、きちんとチェックをした上で行いたいものです。そうすることによって、消費者金融を正しく選ぶことに繋がっていきます。では、利用に適した金利とは、一体どれぐらいなのでしょうか。
これに関しては、個人差があるのでどれが正解とは言い切れないですが、どんなに高くても、月利ベースで1.8パーセントの間ぐらいに留めておく方が望ましいです。もしこれ以上の金利になると、月単位ならまだしも、年間単位ともなれば、かなりの差が生じてくることになります。また、金利が安くなるキャンペーンがあるのでしたら、それを上手く活用してみることも1つの方法です。例えばですが、無利息で融資を受けることができるキャンペーンなどはその一例です。このようなキャンペーンの対象になるかどうかに関しては、それぞれの金融機関の規定によって異なってくるので、予め金融機関の担当者に確認しておく方が良いでしょう。

利便性の高い消費者金融キャッシング

お金が必要な時にはキャッシング

お金の貸し借りは友人、家族間で頻繁に行うと信頼関係を崩しかねない行為のため、どうしても必要な時には金融機関のキャッシングサービスを利用することをオススメします。
消費者金融系、または銀行系キャッシングを利用することでいつでも好きな時に必要な分だけお金を工面することが可能となりますが、お金を取り扱うビジネスという一面を持つことから金融機関側の審査に通過した方しか利用することは出来ません。

審査の重要な要素

審査は金融機関別にさまざまな項目をチェックするようですが大きく占めているものが返済能力、信用情報の2点となっています。
返済能力については借り入れ額に対してのものですので、融資希望額の大小によっては同じ収入の方でも審査の可否は異なってきます。
ただ収入が多く公務員など安定した職業に就いている方はやはり有利と言えるでしょう。

審査における信用情報

信用情報は文字通りその人が信用できるかどうかを示す情報で、住所、氏名、家族構成など個人情報に加え他社の利用歴、借入状況、返済遅延といった事故歴も詳しく調べられます。
複数社と現在取引していたり事故歴が多いと心証を悪くしてしまい審査通過が厳しくなってしまいます。
自身の返済能力、職業、信用情報を総合的に判断して借り入れ先となる消費者金融、さらには融資希望額を決定することが大切です。

キャッシングの金利

借り入れたお金には原則的に金利分の利息が発生しますが、期間内の取引が無利息になる、女性や学生の金利が優遇されているなどさまざまなプラン、特典のキャッシングも存在するため有効活用できるものが無いかチェックしておきましょう。
金利は10万円に満たない借り入れ額で20%、10万円以上100万円未満は18%、100万円以上だと15%と借り入れ額が大きいほど上限金利が優遇されるため、借り入れ額と金利、返済期間それぞれのバランスを自身に上手く調整することが大切です。
キャッシングと上手に付き合っていくためには返済能力と借り入れ額のバランスを取ること、返済能力を10としたら借り入れ額は最大でも5~7までに止めておくことで突発的な出費にも対応できます。

多重債務者を救済する

一度借金の泥沼に陥ってしまうとなかなかその沼から抜け出せなくなるものです。借金を返す為の借金を重ねる事になります。その為に借りられるところがあれば次々と借金を重ねる人を多重債務者といいます。多重債務者は世間常識に疎い無知で気弱い人です。そのため自分の負い目を誰にも相談できず益々泥沼に引きずり込まれます。しかし、彼等を単なる弱者と捉えるのは間違いです。なかには借りるだけ借りて返せなくなると自己破産すればいいと考えている若者に多く出会いました。実際に自己破産しています。安易に借金が出来る社会に問題があります。そこで多重債務者を極力生まないよう貸し出し総量規制という法律で規制が始まりました。貸付契約には個人と法人がありますが総量規制は個人貸付のみが対象で貸付総額が年収の三分の一まで規制されます。しかしこの規制は信販会社と消費者金融会社のみで銀行は対象外です。実際の多重債務者はそれら金融機関の借り入れだけではなくアウトサイダー的な金融業者からの借り入れが殆どで、この法律が出来たお陰でますます即日融資先を求めて闇深く出入りせざるを得なくなっています。闇金融業者にしてみれば借りたい者が居る以上貸して儲けようとするのは当然の成り行きです。多重債務者を救済する根本的方策は難しいようです。世の中、審査なし即日融資の広告宣伝がネットで街で溢れかえっています。これら宣伝広告こそ規制すべきではないでしょうか。