フィンテックとは進化した金融技術

フィンテックとは、金融を意味するファイナンスと技術を意味するテクノロジーを組み合わせた造語で、ITを使った新たな金融サービスを意味しています。
フィンテックで便利になる金融サービスの例として、スマホやタブレットがカード決済をできるPOSレジになるサービスがあります。従来は、買い物や外食をした際に店側にクレジットカードの決済端末がなければカード決済は行えませんでしたが、携帯などにクレジットカード情報を読み取る小型の端末を差し込み、専用アプリをダウンロードするだけでスマホやタブレットがカード端末になるのです。
また、スマホで自動的に家計簿をつけることが可能になります。レシートをスマホで撮影するだけで項目や店舗が家計簿に反映されます。銀行やカードと連携させることで家計をオンライン化して管理できるのです。このクラウド家計簿の利用で、銀行口座残高、月収、食事や交際費などの支出が一目で分かるようになります。会社の経費についても自動的に記帳されていくので経理コストを大幅に削減することが可能です。
また、人工知能にまかせて自動で資産運用をするロボアドバイザーもフィンテックの代表例です。スマホで質問に答えていくと、自分に合った株式、債券、不動産などに人工知能が分散投資してくれるのです。
フィンテックの利用で資金調達もインターネット上で行うことができるようになります。融資を受けるには、銀行などの金融機関に申し込み、審査を経て書類による手続きが必要ですが、フィンテックでは、インターネット上で自分が展開する事業をアピールし、賛同する人たちから資金を直接調達できるソーシャルレンディングによる融資が可能になりました。ソーシャルレンディングは、投資する側にも金利の高い案件が多いのが魅力です。
ブロックチェーンというテクノロジーにより中央機関が存在しない仮想の通貨で送金や決済が可能になります。国家が管理する通貨は国の財政状況による価値の変動がありますが、仮想通貨は暴落したりする心配がありません。
このようにフィンテックは、お金を管理したり、集めたり、増やしたり、交換したりすることがより身近で便利になっていきます。
http://academypoet.net/